精子画像

精子の濃さを検査することができます

精子を染色し撮影する作業は煩雑なため、医療機関の精子検査でも通常は患者さんには提出されないことが多い精子の画像を、高感度カメラで撮影して提出いたします。位相差法を用いて撮影した画像(約200倍率)により、ご自身の精子濃度を確認することができます。

世界保健機関(WHO)では、自然妊娠が可能な基準は1500万/mL 以上となっています。この基準を下回った場合には検査や不妊治療が必要になる可能性があります。

位相差法、観察倍率500倍

この検査によって目視で精子数をカウントすることにより、より正確に精子濃度を算出できます。

精子濃度 3000万/ml
精子濃度 3000万/ml

精子濃度 7000万/ml
精子濃度 7000万/ml

精子濃度 14000万/ml
精子濃度 14000万/ml

ケルンエヒトロート染色、明視野、観察倍率1000倍

この結果で、精子の形態が確認できます。WHOの精子正常形態率の基準値は4%以上となります。
10年前の、精子正常形態率の基準値は15%以上だったことから、現在正常形態率は急速に低下していることがデータとして明らかになっています。

精子濃度 3000万/ml
精子濃度 3000万/ml

精子濃度 7000万/ml
精子濃度 7000万/ml

精子濃度 14000万/ml
精子濃度 14000万/ml

精子形態オプション

  1. 精子形態

    精子は形が悪いもの、良いものが混ざっています。正常な形態をした精子の割合が高ければ高いほど良いとされています。 精子を染色し…

  2. 精子画像

    精子を染色し撮影する作業は煩雑なため、医療機関の精子検査でも通常は患者さんには提出されないことが多い精子の画像を、高感度カメラで撮…