精子運動性

病院での検査に近いレベルで
精子の運動性能を評価分類します

男性不妊の主な原因

乏精子症

文字通り精子の数が少ない状態になってしまっていることを指します。

精子無力症

元気な精子が少なくなってしまっている状態です。前進する精子が軽度の場合は40%未満、または高速で直進する精子が20%未満である場合に診断されます。

無精子症

精液の中に精子が見当たらない状態のことを指します。ただ、無精子症には精子があってもその通路が塞がっている場合と、精子そのものが作られていない場合の2つの原因があります。

これまでの宅配精子検査の問題点

これまで精子の運動性は採精後1時間以内に検査をする必要があり、宅配精子検査で調べることは物理的に不可能でした。精子を観察する簡易的なルーペがありましたが、うまく見るのが難しいことが難点でした。観察できたとしても、実際にそれで自分の精子の運動性能が大丈夫なのかを安心して知ることができませんでした。

弊社の精子運動性確認システム

・これまでの精子確認ルーペよりも容易に精子の動画の録画が可能。
・自宅で撮った精子の動画を、精子検査専門の検査技師に評価分類してもらえる。
・オンライン診察を追加すれば、動画について医師の評価をもらうことも可能。

精液量、精液濃度、総精子数、精子正常形態率という従来の宅配検査項目に加えて、精子の運動性を確認できるようになったことで、リプロバイオの宅配検査は、これまでにない、より安心してうけることができる総合精子検査システムとなりました。

なぜ、精子の運動性能を5段階評価することができるのか?

我々は、男性不妊クリニックで120名の患者さんを対象に、『精子検査』と『モバイル顕微鏡で精子の観察・動画録画』を同時に行いました。

精子検査で実際に正確に調べた“運動率”と、その同じ精液を「モバイル顕微鏡」で撮影した精子動画の120名分のデータベースを作成しました。「モバイル顕微鏡」で撮影した精子動画からおおよその運動率の範囲が5段階評価・分類できるように、そのデータベースを用いて臨床検査技師のトレーニングを行ったのです。

運動率カテゴリー1 運動率0-20% 非常に問題あり
運動率カテゴリー2 運動率20-40% 問題あり
運動率カテゴリー3 運動率40-60% 基準以上
運動率カテゴリー4 運動率60-80% 良好
運動率カテゴリー5 運動率80%以上 非常に良好

120例のデータベースをもとにトレーニングされた検査技師が、モバイル顕微鏡の動画を、データベースからおおよその精子の運動率を割り出し、カテゴリー分類をします。

検査の流れ

  • STEP.01お申込み~ご入金
    オンラインでお申し込みいただき、ご入金のお手続きをいただきます。
  • STEP.02検査キットを郵送
    検査キットを郵送にてお送りさせていただきますので、お受け取りをお願いいたします。
  • STEP.03ご自宅にて検体採取
    精子の動画撮影はキットに同梱されているモバイル顕微鏡を使用して撮影をしていただきます。
  • STEP.04検体の送付
    お客様にて、検体の送付をおこなっていただきます。
  • STEP.05検体検査
    当社に届いた検体を検査させていただきます。
  • STEP.06検査結果メール
    ご自身でご自宅でお取りいただいた精子動画をもとに、精子検査専門の臨床検査技師が精子の運動性を 5段階評価に分類します。
  • STEP.07オンライン診察
    男性不妊プレチェックの場合は、男性不妊専門医によるオンライン診察を受診いただきます。

精子運動性確認

  1. 精子運動性

    男性不妊の主な原因 乏精子症 文字通り精子の数が少ない状態になってしまっていることを指しま…

精子運動性確認