代表メッセージ

不妊に苦しむご夫婦が、
効率的かつ経済的に子供を授かる支援をする

日本産科婦人科学会の報告によると、今、日本人の6組に1組のカップルは子供ができず悩んでいるといわれています。晩婚化が進み、男性は精子の、女性は卵子の『老化』により、35歳を超えると妊娠しにくい状態となることが明らかになっています。女性の不妊は医療技術の向上により9割程度が治療可能といわれていますが、男性の不妊はいまだに検査技術・治療技術ともに未整備のため、男性サイドの不妊が発覚したとたんに治療が長期化する傾向があります。

リプロバイオの目標。それは「男性不妊で悩むご夫婦が『効率的かつ経済的』に子供を授かる支援」をすることです。そのためには、まず「男性が不妊ではないかをチェックする仕組み」を確立することが必要であり、それが当たり前のこととして根付くことが重要です。もうひとつ大切なことはもちろん「男性不妊治療」という新しい領域の治療を確立させることです。リプロバイオでは、不妊検査・不妊治療技術の開発とともに、男性不妊治療薬の開発を行ってまいります。

実は私自身も10年前に重度な男性不妊症が見つかり、苦悩の日々を送った経験があります。代表的な男性不妊要因である精索静脈瘤が見つからなかったため、治療がほとんどありませんでした。自社開発した高濃度コエンザイムQ10サプリ、高含有L-カルニチン、長命草サプリメントの三種類を同時服用することで、9年越しで男性不妊を克服し女児を授かることができました。

私たちリプロバイオグループは、「不妊に苦しむご夫婦が、効率的かつ経済的に子供を授かる支援をする」という経営理念を掲げ、いかに日本の少子化問題に貢献できるのかを常に考え、様々な角度から挑戦し続けていきたいと思います。

リプロバイオ株式会社
堀永 賢一朗